サラ金の金利について

サラ金の金利について

Category : 未分類

サラ金の金利ですが、もちろん金融機関によっても異なりますが、だいたい3%程度から18%程度の間に納まっていることが多いです。ちなみにこの上限である18%については法律で決められていますので、その法律上の上限よりも高い金利をつけることはできません。ところが、低いほうについてはとくにそのような決まりなどありません。サラ金側が自由に設定できるのです。もちろん最低の数字は誰でもつけてもらえるようなものではありませんが、これだけの幅があるということは低くなる可能性も十分にあるということです。サラ金の金利とよく比較されるものとして、クレジットカードのリボ払いの手数料というか金利があります。こちらは特に幅などありません。そして、実際にはほぼ18%程度となっています。つまり、サラ金の上限とほぼ同じに固定されているということです。

クレジットカードのリボ払いは便利な支払い方法としてよく利用している人も多いでしょうが、この話を聞くと、日常的にリボ払いを利用するのはちょっとどうかという気もします。例えば10万円の買い物をして年利18%の利息が付いたとしますと、1万8千円もの利息がかかってしまいます。実際には一年後にまとめて支払うわけではありませんからこの数字そのものが適用されるわけではありませんが、リボ払いを使うとイメージとしてはこのくらいの利息が余分にかかると思って間違いありません。ですから、クレジットカードでリボ払いを使うくらいであれば全く手数料のかからない一括払いを利用してしまいましょう。翌月に引き落としができないから困ると言うかもしれませんが、そこでサラ金を利用すればよいのです。仮に10万円をサラ金で借り、年利3%であったとしますと年間の利息は3000円に過ぎません。実にリボ払いとの差は1万5千円です。決して少なくない差が生じることになりますから、リボ払いを使うくらいであればお金を借りたほうが賢いのです。