サラ金の意味について

サラ金の意味について

Category : 未分類

サラ金とはサラリーマン金融の略です。もともとサラリーマンを対象とした、無担保の小口の貸付金融という意味だったためサラ金という呼び名が使われています。サラ金という言葉が誕生した時代とは貸付内容も時代背景も大きく変わり、サラリーマンだけではなく、女性向けのプランを作ったり、自営業者、主婦などにも貸し付けを行っているでしょう。無担保ですぐにお金が借りられる反面、利息が高かったり、無理な取り立てを行う業者も少なからずあったため、高利貸しというイメージが根強く残っています。以前は高い金利でお金を貸す業者も少なくありませんでした。そのため、出資法という法律に基づき、貸し付けを行っていましたが、利息が20パーセントを超えることも少なくなかったためです。金融業には利息制限法と、出資法という法律によりお金を貸すときの利息を決められています。以前は出資法の制限をオーバーしなくても、利息制限法をオーバーした利息でお金を貸す金融業者が少なくなくありませんでした。

こうした金利での貸し出しをグレーゾーン金利と呼び、その言葉も一般化します。しかし、出資法が改正されたことにより、利息の上限が設定されます。登録された金融業である限り、高利での貸付ができなくなりました。そのため、今までのサラ金とは状況が変わってきています。金融業に登録しているサラ金であればこの出資法を超える利息での貸し付けはできなくなっているでしょう。現在はサラ金という呼び名はあまり使われず、消費者金融と呼ばれますが、以前はサラ金と呼んでいた会社を消費者金融と呼んでいることがほとんどです。サラ金の置かれた状況も時代の流れにより変化しています。以前は消費者金融は消費者金融、銀行は銀行と別れていました。しかし、銀行が消費者金融を作ったり、子会社として消費者金融を持っていることも少なくありません。銀行系の消費者金融は利息が低いところも存在しているでしょう。